CHECK

知っておきたい住まいと物件に関する知識!?不動産の基礎知識を分かりやすく解説

このサイトでは、不動産の基礎知識をあまり予備知識がない人にも分かりやすく解説しているのが特徴です。
多くの人があまり知らない内容に、売却は隣地との境界線が明確になっていることが大切であることや、購入をスムーズに行うためには予算を決めることが大切であることなどを具体的な実例を挙げながら詳細に解説しているのが特徴となっています。
このサイトに記載している知識を理解することで、様々な住まいと物件に関する知識を十分に得ることができるのがポイントです。

知っておきたい住まいと物件に関する知識!?不動産の基礎知識を分かりやすく解説

不動産の購入は多くの人が一生に1度出会うことになると考えられるものですが、その機会を決して多くはありません。
しかしこれに失敗しないようにするためには、普段から十分な知識を得ておくことが重要なポイントとなります。
不動産の売買には様々なルールがあり、また一般的なしきたりなども数多く存在していることから、これらを知っておくことでそのやりとりを有利に進めることができる場合も少なくありません。
良い住まいを実現するためにも、これらの知識を得ておく事は重要なポイントとなっています。

不動産売却での売り出し価格は査定を利用して相場を把握しよう

不動産売却をするからには、できるだけ高い金額で相手に購入してもらえるようにしたいものです。
その決め手となるのが売り出し価格であり、これは不動産会社が発信するウェブサイトやチラシ、店頭掲示などに記載される物件の価格のことをいいます。
その後売主と買主との交渉しだいでは、この価格からいくらか値引きされることもありますが、いずれにしても交渉の前提となる価格であるため、ちょっとした金額の違いで利益が大幅に異なってくる可能性があります。
売り出し価格は売主が自由に設定することができるものの、あまりにも相場とかけ離れた価格を提示した場合、せっかく広告をしても購入希望者がまったく現れないおそれがあります。
そのため不動産会社による査定を有効活用するのが得策です。
査定は不動産のプロが実際に土地や建物を調査して、老朽化の度合いや利便性、日照などの立地環境、間取りや面積その他をくわしくチェックした上で妥当な価格を判断したもので、売り出し価格の設定にも大いに役立ちます。

不動産売却はスケジュールをしっかり立てることがポイント

不動産の売却をするときには、事前にしっかりとスケジュールを立てておくことが大切です。
スケジュールを立てることで、ある程度のスピードで不動産が売れるまでの時間を考えることが出来ます。
不動産の売却をするまでにしておくべきこと、を考えることも可能になるため、いざというときに慌てる必要がありません。
大切な資産だと思うとつい慎重になり過ぎてしまう場合もありますが、もし自分だけでは不安だと感じたらすぐに専門知識を持ったプロに相談することをおすすめします。
不動産の売却は専門会社が間に入ることで、それなりの価格で販売することが可能です。
しかし、実際に現金がすぐに手に入るかといったらそうではありませんから、そのことも考えて時期や価格、どのくらいで販売できるのかを把握しておく必要があるのです。
難しいことは苦手だ、という人のためにプロがいるのですから、困ったときにはすぐに相談しましょう。
それを参考にして売却することを決めるといいです。

税金など不動産売却で生じる経費を事前に計算しておこう

不動産売却にあたってはさまざまな経費がかかるものです。
単純に売却価格だけにとらわれてしまうと、後でこれらの支出を迫られたときに困惑してしまうことにもなりかねませんので、事前にしっかりと計算しておき、売却価格にも適正に反映させて損のないようにすることが重要です。
経費といってもその目的や支払いの時期は異なりますが、通常ですと不動産会社への仲介手数料、契約書に貼る収入印紙代、印鑑登録証明書や固定資産税評価証明書などの書類の交付手数料などはほぼ間違いなく必要となります。
ほかにも該当の不動産を売却しやすくするためにかかる費用として、土地の測量費用、現在入居している賃借人の立ち退き費用、老朽化した建物の解体費用、リフォーム費用などが加わる場合があります。
また不動産売却によって利益が生じた場合には、譲渡所得税のような税金も負担しなければなりません。
ただし控除によって実際には負担しなくても済む場合もあります。

建物内のエアコンなどの設備も不動産売却の対象になるのか決める

不動産を売却するときに、室内のエアコンなどの設備も含めた料金で金額を決めることも可能だといいます。
実際に販売されている建物などにも、それらを売却の対象として含める場合もあるので不動産会社と相談するのも良いでしょう。
大切な資産なのですから、まずは出来るだけのことをしたいと考えるのはごく当たり前のことです。
対象となるかどうかを確認したら、それらを含めた料金にするのかを決めなければいけないのは自分です。
なので、きちんと考えて判断できるように事前に確認しておきましょう。
不動産の売却はスケジュールを立てて行う必要があるため、エアコンなどを含めるかは早めに決める方がスムーズに進めることが出来ます。
なかなか決められないという時や、それらを含めずに売却すると決めた場合は、取り外しや移動させるための費用も計算しておかなければいけません。
なので、不動産の売却はスケジューリングがとても重要になるのです。
売却を考えている時は、それを忘れないように気を付けます。

不動産売却のときの固定資産税の対応について

不動産売却にあたり、その物件の固定資産税を誰が負担するのかは検討が必要な要素です。
固定資産税は毎年1月1日の賦課期日に所有者となっている人に対して、不動産が所在する市町村から課税される税金です。
したがって不動産を売却するとはいっても、通常であれば年の途中に行われることが多いため、いったんは売主のほうで税額のすべてを負担している場合がほとんどとなっています。
しかし物件を引き渡して以降は名実ともに買主のものとなっているにもかかわらず、売主がその分まで税金を負担するのは理屈から考えてもおかしなことです。
そのため賦課期日である1月1日から引渡日の前日までの税額にあたる部分を売主が、それ以降年末に至るまでの税額にあたる部分を買主が負担することとして、日割り計算で精算をするのが一般的となっています。
こうした取り決めは売買契約書にしっかりと記入しておくと無用のトラブルを防ぐことができます。
もちろんあくまでも任意の取り決めですので、売主か買主のどちらかが全額負担とすることも可能です。

不動産購入を円滑に行うためにも物件種別と新築や中古などを検討しておこう

不動産購入を決めたら、それを円滑に行うためにも物件種別はもちろん、新築か中古かをきちんと考えておく必要があります。
「どんなものがいいのか」は希望によって異なるので、事前にチェックしておく方がスムーズに進めることが可能です。
不動産関係の仕事はスケジュールが大切なので、時期や価格、場所などを確認してスピーディーに購入出来るよう判断しましょう。
不動産の購入は一生に一度になる可能性が高く、金額も簡単に出せるようなものではありません。
物件種別を決めるのはその建物を必要とするかどうかになりますし、円滑に進めることで新築、中古のどちらでも「自分が気に入ったものである」とい満足感を得ることが出来ます。
不動産の購入は物件によって多少時間を必要とする場合もありますが、新築なら備品なども用意するのか含まれているのか、中古ならリフォームするべきところはないか、あったらどのくらい時間と費用がかかるのかといったことも考える必要があるので大変です。

不動産購入物件を探すエリアもある程度絞り込みが大切

住まい探しをする人の物件選びの基準は様々ですが、特に通勤と子供の教育環境を重視することが多いです。
また都市部の不動産の物件数は多いので、エリアをできるだけ絞り込む必要もあります。
検索機能が充実した不動産情報サイトを活用するのが、手ごろなマンションや一戸建て住宅を見つけるコツです。
そして地域にこだわって住まい探しをするときには、鉄道路線や駅で情報を厳選する方法もあります。
電車一本で通勤可能な地域の物件は、仕事の負担を軽減したい人にも最適です。
市町村などの自治体別に情報を検索すると、充実した行政サービスが利用できるエリアで適した物件を買うことができます。
とりわけファミリー層が注目しているのは、保育園への入園が容易な地域の一戸建て住宅です。
けれども駅で絞り込んだ場合でも、アクセスがあまり良くない場合があるのも事実です。
急行電車が停車したり本数が多い点にも注目すると、地域限定で通勤にも便利な不動産を選べます。

不動産に関わる法律の一つ建築基準法とは?

建築基準法とは第一条より、建築物の敷地、構造、設備および用途に関する基準を定めた法律です。
毎日人々が、安心安全に暮らすことができるように土地や建物に対して定められており、不動産を購入する際に重要となるルールでもあります。
では建築基準法はどのような規定があるのでしょうか。
例えば、防火地域や準防火地域に指定されている住宅街では、延焼防止のため、構造や建物の材料についての基準が定められています。
さらに、建築物を建築する際に幅員4メートル以上の道路に2メートル以上接していないと建物を建てることができません。
なぜ2メートルかというと、救急車や消防車が通過することができるようにするためなのです。
また、調和のとれた市街地環境を整備するために、建ぺい率(敷地面積に対する建築面積の割合)や容積率(敷地面積に対する延べ面を積の割合)を制限して建築物の大きさを制限しています。
以上のように不動産に関わる際に欠かせない規定は、日々の快適な暮らしを支えているのです。

不動産の基礎知識で抑えておきたい用途地域と制限

不動産の基本的な知識の1つに、用途地域と呼ばれるものがあります。
これは、土地の使用用途が制限されている地域のことで例えば農地などに利用を制限するなどが、法令や条例で定められているのです。
理由として、水害が比較的多いエリアなので住むには適しないエリアだったり防衛上の背景だったりなどです。
もし不動産を検討する際にはこれらの条件を確認することが大切で、基本中の基本になります。
農地などの分かりやすい例もありますが、例えば土地が狭いと住宅地に出来る面積が限られていて住みにくいと言ったケースが想定されることもあり得るのです。
なので安いからと言ってすぐに飛びつくことはしないで、入念に確認をするようにしましょう。
長い間住み続けることを考えると、それだけ慎重に検討することがむしろ大切だと言えるのです。
もちろん他にも建物の具合や、修繕の必要性など様々な要素があるのでそれらも十二分に加味して総合的に検討することをおすすめします。

不動産に関する情報サイト
不動産の基礎知識

このサイトでは、不動産の基礎知識をあまり予備知識がない人にも分かりやすく解説しているのが特徴です。
多くの人があまり知らない内容に、売却は隣地との境界線が明確になっていることが大切であることや、購入をスムーズに行うためには予算を決めることが大切であることなどを具体的な実例を挙げながら詳細に解説しているのが特徴となっています。
このサイトに記載している知識を理解することで、様々な住まいと物件に関する知識を十分に得ることができるのがポイントです。

Search